HOME > Mojiblog > 絵が口ほどにものを言う

Mojiblog

2017/9/06絵が口ほどにものを言う

絵が口ほどにものを言う

こんにちは!蒸し暑い門司港からパタオです!
涼しかったのが一変して高い湿度・・・
でも週末はどんよりとはサヨナラ!
晴れるみたいですから待ち遠しいですね。

さて、9月8日(金)から旧門司税関では、

「竹久夢二の世界展」

が始まります。

「今甦る抒情と浪漫」というサブタイトルの通り、
竹久夢二の絵といえば、

大正浪漫あふれる衣装・・・!
もの憂げな瞳の美女・・・!
哀愁の背景・・・!

チラシにも書かれていますが、
「夢二の前に夢二なし、夢二の後に夢二なし」
といわれた唯一無二の天才画家です。
ファンの方も多いかと思います。
(かくいうパタオも夢二の絵がついたハガキを持っています)
夢二がいっとき北九州(八幡)に住んでいた縁もあり、北九州では人気が高いんだそうですよ!

展示会は9月24日(日)まで毎日開催です!
大正浪漫の街・門司港で、夢二の世界に心ゆくまで酔いしれてみてはいかがでしょうか?
絵の登場人物になりきって記念撮影・・・それもまた一興ですよ^^

-------------------------
「竹久夢二の世界展」
【日時】2017年9月8(金)~24日(日)
   9:00~17:00
【場所】旧門司税関
【料金】大人300円、小中学生100円


↑ページトップ